M E N U ジュエリーに関する一般的Q&A 貴金属について
ジュエリーご購入ガイド ジュエリーお手入れ方法
ダイヤモンドについて 金属アレルギー
カラー・ストーンについて 宝石のパワーについて
真珠について    

ジュエリーお手入れ方法

購入したときのまま、いつまでも宝石を美しく輝かせたい。
そのためには、日ごろのお手入れや気遣いがとても大切です。
また、それぞれの宝石の特性をよく理解して、間違ったお手入れで傷つけないように
注意したいものです。
代表的な宝石のお手入れ方法を、ご紹介いたします。
あなたのジュエリーが、いつまでも輝き続けますように……。


 

+-- お手入れの基本 --+

1) ジュエリーをつける前、つけたとき
  ・ 化粧品は宝石全般に悪影響を及ぼします。
   宝石をつけるのは、お化粧の後にしましょう。
  ・ ハンドクリームなど、油性のものが表面に付着すると、輝きが鈍ります。
  ・ お料理など家事のときは、宝石ははずしましょう。
  ・ 果汁や温泉など、酸に弱い宝石も。
   食事のとき、温泉に入るときは、宝石ははずしましょう。

2) ジュエリーをはずした後は
  ・ セーム皮やセルベット(洗浄拭き取りクロス)で、やさしく表面をぬぐいましょう。
   このとき、こするのは厳禁。
   ほこりをふりはらうように、そっと拭いてください。
  ・ 空気中のほこりや砂塵の中には、水晶の微粒子がたくさん含まれています。
   水晶はモース硬度で7と、比較的硬め。
   それより硬度の低い宝石は、ほこりによって傷がついてしまうことがあるのです。
  ・ 宝石を支えている部分(爪など)やデザインの込んだところは、柔らかい毛の小さな
   ブラシなどで汚れをとってあげましょう。
  ・ 超音波洗浄器が苦手な宝石もあります。
   性質を確認してから利用しましょう。

3) 爪のチェックもお忘れなく
  ・ 気がつかないうちにぶつかったり、ひっかかったりして、爪がゆるんでいることがあるもの。
   石を軽く弾く、布に爪の部分をあててなぜるように動かしてみるなど、ときどきはチェックを。
   ゆるんでいたら、弾いた時にカタカタと音がします。
   また、布にひっかかるような感触があります。
  ・ ゆるんだ爪をそのままにしておくと、いつのまにか宝石を落としてしまうことも。
   ゆるみに気づいたときには、宝石店で直してもらいましょう。

「セラジュール」ではご購入の際、ご希望の方に特製セーム皮を差し上げております。 注文時に
通信欄に「セーム皮希望」とお書き添えください。
  また、ご購入商品のメンテナンスも承っております。ご希望の方は お問い合わせフォーム より
お知らせ下さい。

+-- 宝石別の注意点 --+

1) パール
   汗や酸などに弱いため、夏場はなるべく肌に直接つけるのは避けましょう。
   使用後は柔らかい布で、汗やアブラを拭きとります。

2) トルコ石、ラピスラズリ、さんご、真珠、こはく、オパールなど
   比較的硬度が低く、乱暴な取り扱いは破損の原因に。
   布ぶきがお手入れの基本です。

3) エメラルド、トパーズ、アメジスト、ヒスイなど
   化粧品、特にスプレーや除光液に注意して下さい。
   また超音波洗浄機が苦手な石も多いので、気をつけましょう。

4) ダイヤモンド
   非常に丈夫な宝石ですが、衝撃には厳重注意。
   またダイヤモンドは油脂が付きやすく、特にパビリオンと呼ばれる裏面に油が付き、輝きが
   失せていきます。
   ジュエリーをはずした後は、すぐにお手入れを。

        


+-- お手入れ一覧表 --+
◎効果的 ○安全 △要注意 ×危険
主な宝石 モース硬度

※数値が低
  い ほど擦
  傷に注意
お手入れ上の目安
熱湯 中性
洗剤
除光
超音
波洗
浄器
刷毛
洗い
パール(真珠) 2.5〜4.5 × × × × ×
  1) 水洗いは避け、真珠専門のクロスまたはセルベットで汚れを落としましょう。
  ※特に使用後すぐお手入れを施して宝石箱へ。
アンバー(琥珀) 2〜2.5 × × ×
コーラル(珊瑚) 3.5+ × × × ×
マラカイト(孔雀石) 3.5〜4.5 ×
ターコイズ(トルコ石) 5〜6 × × × × ×
ラピスラズリ 5〜5.5 × ×
  1) ティッシュやコットンなどを水で湿らせ、表面を拭います。
  2) セーム皮又はセルベットで表面をからぶき。
  3) 艶がなくなったときは専門店へ。
エメラルド 7.5〜8 × × ×
カメオ(シェル) 3.5 × × × ×
  1) 柔らかい絵筆などを使い、洗剤液をあわだてたもので汚れを落とします。
  2) よくすすぎ洗い。最後に乾いた布で水気を取ります。(温湯は厳禁)
  ※特に使用後すぐお手入れを施して宝石箱へ。
オパール 5.5〜6.5 × ×
ムーンストーン 6〜6.5 × ×
タンザナイト 6〜7 × ×
ジェード(ヒスイ) 6.5〜7 × ×
ペリドット 6.5〜7 ×
アメシストなどの水晶系 7 ×
カメオ(メノー) 7 ×
ガーネット・グルー 7〜7.5 ×
トルマリン 7〜7.5
アクアマリン 7.5〜8 ×
トパーズ(インペリアル) 8 × × × × ×
アレキランドライト 8.5
キャッツアイ(本) 8.5
ルビー・サファイア 9
  1) 中性洗剤入りの温湯に浸します。
  2) 歯ブラシ(柔らかめ)や硬めの絵筆で汚れを落とします。
  3) よくすすぎ洗いをした後、乾いた布で水分をふき取ります。
ダイヤモンド 10
  1) 中性洗剤入りの温湯に3〜5分ほど浸します。
  2) 歯ブラシなどで、ひどい汚れを落とします。
  3) 再び温湯に戻し、沸騰させ、吹きこぼれそうになったら差し水を、3〜4回繰り返し沸騰。
  4) 最後にきれいな温湯ですすぎ洗い。
  5) 表面の水分を軽く拭き、そのまま乾かしましょう。


TOP 〉 宝石豆知識 〉 ジュエリーお手入れ方法